光ファイバーを使う電話なら加入権が必要ない

電話回線の光について

電話の回線の中に光回線があります。光回線とは、NTT東日本、西日本が販売するIP電話サービスの商品名のことを言います。一戸建て住宅の場合、光回線の電話は従来の電話線を使わず光ケーブルを利用します。マンションの場合は、既存の電話線やLANケーブルを使うため室内に光ケーブルを引き込み不要です。従来使用していた電話回線をそのままで休止の状態にできます。光回線の電話は電話のみの単独で契約はできず、Bフレッツも一緒に契約する必要が発生します。光回線の電話のメリットは、固定電話を休止扱いにして、光回線の電話とBフレッツを組み合わせるとフレッツISDN利用する時とほぼ、同等の料金でブロードバンドが利用できる利点があります。あと基本料金が税込みで525円からで全国一律3分8.4円になりコストの削減につながります。

それと固定電話との互換性があり、固定電話の機器がそのまま使えます。勿論、電話番号も今までどうりに使えますから安心ですね。それでは光回線の電話のデメリットとしては、停電時には使用不可です。また、IP電話尺着信拒否のフリーダイアルにはつながりません。では光回線電話の月額の料金プランをもう少し詳しく紹介します。光回線の電話には、4つの月額基本料金プランがあり、一つ目はひかり電話A(エース)が一般的であり基本料金が税込み1,575円で付加サービスとして、ナンバー・ジィスプレイや他7項目のサービスが含まれています。その他フレッツ光ネクストのインターネットプロバイザー料金5,670円/月(税込み)かかります。もう一つは、通常の基本プランですが上記で述べましたが525円/月(税込み)かかります。あともっと安心プランと安心プランもあります。