光ファイバーを使う電話なら加入権が必要ない

電話を光の回線に変えるメリット

電話と言えば、これまでいわゆる固定電話が主流だったわけですが、光ファイバーの導入により、IP電話サービスが選択肢として加わってきました。なんとなく良さそうと思って、もしくは勧められるままに契約された方も少なくないかもしれません。では、今までのサービスと比べて光によるIP電話サービスはどんなメリットがあるのでしょうか。まず基本的に、光によるIP電話は今までの固定電話の役割をすべてカバーしており、完全に置き換えることができます。番号も変える必要がありません。普段の使い勝手をそのまま保っています。ですから新しいサービスはどうも苦手という人でもまったく問題ありません。注意点としては、もし光の電話も契約して、これまでの固定電話の回線もそのままであれば、2つの電話回線を持っていることになり無駄な出費となってしまいます。すぐ確かめて、もしそうであれば、固定電話のほうの回線を契約解除することをお勧めいたします。

一番のメリットといえば、電話料金の安さではないでしょうか。これまでの番号と電話の使い勝手を保ちながら、全国一律の安い料金で電話できる、これだけでも光に乗り換える大きな理由となります。さらに、インターネット回線をこれまでADSLを利用してこられたならば、この機会に光を引いて、インターネット回線と電話回線をバージョンアップするのはいかがでしょうか。契約によってはバージョンアップしながらもセットで以前の契約よりも安くあがることがあります。これは導入しない手はありません。

お役立ち情報